天然芝と人工芝を徹底比較

天然芝VS人工芝

天然芝と人工芝の魅力

天然芝

  • 四季を感じられる見た目が美しい

    天然芝の魅力・メリット
  • ふかふかの肌触り

    天然芝の魅力・メリット
  • コストが安い

    天然芝の魅力・メリット

人工芝

  • お手入れいらずで維持がラク

    人工芝の魅力・メリット
  • ゴルフを楽しめるほど強くて

    人工芝の魅力・メリット
  • 一年中青々とした芝を楽しめる

    人工芝の魅力・メリット
天然芝と人工芝の選ぶポイント

天然芝と人工芝のデメリット

天然芝

  • お手入れが大変

    天然芝の弱点・デメリット
  • 冬は枯れてしまう

    天然芝の弱点・デメリット

人工芝

  • コストが高い

    人工芝の弱点・デメリット
  • 年数が経つと芝が寝てしまう

    人工芝の弱点・デメリット
天然芝と人工芝の選ぶポイント

天然芝と人工芝の金額比較

10平米(5m×2m)あたりの材料費

天然芝

  • \5,500

人工芝

  • \50,000

天然芝と人工芝こんな人にオススメ

天然芝

庭 芝生 人工芝
  • なんといっても天然にこだわる人
  • コストを下げたい人
  • 将来的にリフォ−ムする予定のある人

人工芝

庭 芝生 人工芝
  • お手入れが苦手な人・時間がない人
  • 日当たりが悪い庭の人
  • 一年中グリーンを楽しみたい人

天然芝と人工芝よくある質問

■天然芝

日当たりが悪い場所でも育ちますか?
  育ちません。
   芝にとって日照はとても重要なので、陰になる所は芝以外の植物を植えましょう。
芝刈はどれくらいやればいいですか?
  コウライ芝の場合、5月中旬から10月中旬にかけて、7回程度は芝刈りをしてください。
   西洋芝の場合は、4〜6月と10月〜11月が芝刈りに適しています。
肥料はどれくらいやればいいですか?
  きれいに保つためには1回の量はなるべく少なく、年3回以上肥料をあげて下さい。
   時期は、だいたい4月・6月・8月が適しています。
水やりの際に気を付けることはありますか?
  芝の水やりは、あまり多くあげすぎると、雑草の発芽・浸入を助けたり、
   土の養分を流出させたり、病害虫の発生を促すなどの悪影響があるので注意してください。
天然芝の寿命はどれくらいですか?
  はっきりとした寿命というのはありません。
   しっかりと芝生管理すれば何十年と生きます。

■人工芝

人工芝の上でやってはいけないことってありますか?
  火気は厳禁です。
   バーベキューなどはコンロの火で、人工芝が溶けてしまうことがあります。
人工芝の寿命はどれくらいですか?
  利用環境によりますが、7〜10年ほどです。
どんなお庭でも施工できますか?
  大丈夫です。どんなお庭でも工事できます。
   狭いお庭や、天然芝が育ちにくい日当たりが悪いお庭にもオススメです。
ペットがウンチやオシッコをした場合どうすればいいですか?
  オシッコは水で洗い流してください。
   ウンチは取り除き、水で洗い流して下さい。
経年変化でどう変わりますか?
  日焼けで色合いが変化したり、芝が寝てしまうことがあります。
   しかし、最近の人工芝は昔の物に比べ丈夫に作られているので耐久性は高くなっています。

人工芝とは思えないほどリアル

枯れた芝も表現し、まるで本物と同じクオリティを表現。
通常一種類の芝で作られているところを、4種類もの芝を使用しています。

  • 人工芝の比較・リアルな形状
  • 人工芝の比較・リアルな形状

V字だからつぶれない

一度曲げると折り目がついて戻らない(芝が倒れてしまう)欠点をV字で改良。
さらにコア部分に芯を入れることで折り曲げてもすぐ戻り、いつまでも立った状態を実現。

  • 人工芝の比較・倒れない形状
  • 人工芝の比較・倒れない形状
  • 人工芝の比較・倒れない形状
  • 人工芝の比較・倒れない形状

高密度でずっとふわふわ

一見おまけように見える枯草。この枯草にもコストをかけ、弾力性のある素材を使用。
枯草の弾力性が他の芝を持ち上げ、根本から表現まで高密度を実現しました。

  • 人工芝の比較・高密度
  • 人工芝の比較・高密度
  • 人工芝の比較・高密度
  • 人工芝の比較・高密度

ビニールっぽくない

なぜビニールに見えるのか。それは芝が倒れることで、光を反射する面が多くなるから。
徹底して素材にこだわり、倒れにくい構造を実現したからビニールっぽい反射もしません。

  • 人工芝の比較・見た目
  • 人工芝の比較・見た目

裏生地もしっかりだから丈夫で強い

表には見えない裏生地にもこだわり、浸透性を保ちつつも分厚い丈夫な生地を使用。
厚みがあるから、芝がたわまずいつまでもピシッとした状態を維持できます。

  • 人工芝の比較・丈夫で強い
  • 人工芝の比較・丈夫で強い

天然芝

  • 庭 芝生 人工芝
  • 庭 芝生 人工芝
  • 庭 芝生 人工芝
  • 庭 芝生 人工芝
  • 庭 芝生 人工芝
  • 庭 芝生 人工芝

人工芝

  • 庭 芝生 人工芝
  • 庭 芝生 人工芝
  • 庭 芝生 人工芝
  • 庭 芝生 人工芝
  • 庭 芝生 人工芝
  • 庭 芝生 人工芝

ページの先頭へ