工事レポート

和モダンのアプローチ&菜園のある庭

掘削工事

まず「掘削(くっさく)」という不要な土を出す作業を行い、
車庫側とお庭側の土を掘り出します。

画像の下にチラリと見える青いシートは、
養生シートといって道路やお庭などに傷が付かないよう、
保護する目的で敷きます。

鉄筋工事

ブロックの骨組みとなる鉄筋を組んでいきます。

地面と鉄筋の間にあるのは、スペーサーブロックです。
これがあるとコンクリートの深さの中心に鉄筋がきて、
コンクリートの強度がより高まります。
鉄筋工事は骨組みですが、
しっかりした工事を行うには絶対に手を抜けない作業です。

スペーサーブロック
コンクリート打設の際、必要な間隔を保つための材料。

ブロック基礎工事

ブロックを積む準備に進みます!

材料を調合してコンクリートを現場で造ります。
できたコンクリートを先ほどの鉄筋の上に流していきます。
流し終わったら、しっかりとコテで均します。

丁寧に作業します。良い作品になるように思いを込めて…。

駐車場基礎工事

こちらは車庫になる部分です!

伸縮性の目地を設置していきます。
伸縮目地とは駐車場など広い範囲で、
コンクリートを打つ際に発生する温度変化による膨張・収縮で
ひび割れを防ぐために弾力性をもたせた目地の事です。

目地
少し間隔を空けた部材間の隙間・継ぎ目の部分のこと。

砕石転圧工事

駐車場内に入れた砕石を機械で締固めます。

プレートという機械を使って、圧力を地面にかけます。
このため砕石同士の隙間がなくなるので、地面が固まります。

プレート
建築、土木の作業現場において、
地面を固める際に使用される建設機械。

コンクリート流し準備工事

転圧が終わったら、メッシュという網を組んでいきます。

鉄筋工事と同様にスペーサーブロックを使い、
コンクリートの深さの中心にメッシュがくるようにします。
駐車場の半分だけ地面が湿っているのは、
コンクリートがすぐに、乾いてしまうのを防ぐためです。

メッシュ
コンクリートの骨となる鉄筋を網目状に組んだもの。
強度を出すためには必要不可欠な材料。
ページの先頭へ