工事レポート

「和」と「洋」を融合させた、2つの顔を持つ癒しのウォーターガーデン

鉄筋結束工事

縦と横の鉄筋を結束させます。

先日コンクリート工事した場所が乾いた後に、
それまで縦筋のみだった鉄筋に側面の横筋を結束させます。

これで頑丈な枠の完成です。

型枠組み工事

コンパネと呼ばれる木で型枠を組んでいきます。
その際、「丸セパ」という鉄筋棒で型枠が歪まないように、
しっかりと固定します。

R部分には専用の曲がるコンパネを用いて、
予めRの角度を計算し、制作した型枠を現場で組み上げます。

型枠準備工事

コンクリートを入れる型枠を
池の外側と内側の両方に設置します。

予め制作してあった型枠を取り付けることで
作業のスピードが上がります。

型枠工事

型枠にコンクリートを流していきます。

軽く振動を与えながら、
下まで隙間なくコンクリートが入るようにします。

型枠解体工事

コンクリートが固まったら、型枠を解体していきます。

この瞬間が職人にとって、
どんな具合の仕上がりなのか、楽しみな瞬間です。


では、職人技へどうぞ!

2018横浜支店オープン予定
ページの先頭へ