失敗しない外構ポイント

失敗しない外構ポイント

家を建てる前に知っておきたい外構のよくある失敗例と解決策をご紹介します。

1.外構を考える時期について

失敗1

外構専門業者に依頼しようとしたができなかった。

下請け業者からの提案が満足できなかったので専門業者に依頼しようとしたら、外構は下請け業者でやらなければならないことが発覚。しぶしぶ提案された外構を作るしかなかった。
解決策

家の打合せ初期段階で専門業者への依頼が可能か確認しましょう。

家を建てる会社様によって、専門業者へ依頼できるか異なります。家の相談をする初期段階で確認しましょう。 外構工事は建物の最終工事のため、契約や工事が進んでからの相談になることが多々あります。
初期段階で「専門業者への依頼も考えている」と伝えましょう。

失敗2

家が完成してから相談を始めたら手遅れだった。

「とにかく家を建てたあとに、ゆっくり外構を考えよう」と思っていたら、予算も全然足りないうえに、配管やメーターが邪魔なところにあって思い通りの外構ができなかった。
解決策

家の契約をする前に、一度ご相談にお越しください。

家の契約を済ませてしまった後では、建物の配置も予算の変更もできない場合があります。 契約をする前に、家の図面を持ってご相談ください。 理想の外構を作るために必要なスペースや予算についてアドバイスいたします。 外構の設計は、家の大きさや配置が決まった後に行います。
失敗しない外構ポイント
2.外構の予算について >
1
2
3
4
ページの先頭へ