おすすめプランツ

コニファー・ゴールドコーン

スタイル
: 洋風
日照条件
: 日向 、半日向
種 類
: 高木(常緑)

土の表面が乾いたら水をやり、土壌の乾燥のさせ過ぎには注意します。 コニファーの多くは鋏などの金属を嫌います。剪定後は葉が茶色く痛みます。ですので、強めの剪定は一斉に新緑の出る2月後半に行うのがベストです。樹形を整える剪定の時期は覚えやすいです。3,6,9月です。剪定時は必ず枝に少し葉を残すようにします。

寄せ植えや、狭い場所の植栽に向きます。 スエシカよりもスリムで、株の下から細い枝が多数直上し、すき間なく硬くて細かい針葉が密生します。 新梢は光沢のある鮮やかな黄金色で、やがて緑色が増し黄緑色になります。 生育は比較的遅く、低照度条件下では黄色の発色が悪いです。

このマークの付いた植物は希少種(レアプランツ)を示しています
  • 高木(常緑)
  • 高木(落葉)
  • 低木(常緑)
  • 低木(落葉)
  • 1・2年草
  • 宿根草
  • 球根
2018横浜支店オープン予定
ページの先頭へ