おすすめプランツ

ミツバツツジ

花 期
: 春(3〜5月)
花 色
: 紫
スタイル
: 洋風 、和風
日照条件
: 日向 、半日向
種 類
: 低木(落葉)

日当たりを好みますが、日陰でもよく花をつけます。根が浅いので、乾燥気味のところでは枯れこむことがあります。そのため、土質はあまり選びませんが、湿潤な土壌が適しています。自然な樹形をつくっていきますので、剪定はあまり必要としません。大きくなりすぎた場合は、花後に剪定します。落葉性のツツジは、通常挿し木が困難なので、タネから殖やします。

関東から中部に分布する落葉低木で、和風、洋風どちらの庭にもマッチする植物です。ツツジやシャクナゲの仲間で、枝先に3枚のひし形の葉をつける落葉種がミツバツツジ類と呼ばれていています。早春に、葉が出る前に紅紫色の花を咲かせます。野趣に富んだ樹姿と花が愛されています。

このマークの付いた植物は希少種(レアプランツ)を示しています
  • 高木(常緑)
  • 高木(落葉)
  • 低木(常緑)
  • 低木(落葉)
  • 1・2年草
  • 宿根草
  • 球根
2018横浜支店オープン予定
ページの先頭へ