スペガ通信

水をかけていい?雪をはらうべき?雪の後の植物対応

2022年1月6日

積雪 植栽 植物 植木
こんにちは!スペガ通信です
昨日は予想外の大雪でびっくりしましたね

そういえば・・・お庭の植物大丈夫??
ってなりましたよね?

そんな時の雪後対応を伝授いたします!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1)植栽に水をかけていい?
2)乗っかっている雪はおろしたほうがいい?
3)融雪剤をかけても大丈夫?
4)植物が雪で折れた!
5)雪の重みで植木が傾いた!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



1)植栽に水をかけていい?
答えはNOです!
雪の上から水をかける行為は一番ダメ!です。
まず植木ですと重みがまして枝が折れる可能性があります。
下草や花苗なども同じく潰れる可能性がありますし、水が凍って草花が枯れる可能性が高くなります。
水もお湯もかけないでください!



2)乗っかっている雪はおろしたほうがいい?

植木などある程度の高さがある植物は雪の重さで枝が折れてしまう
可能性がありますので雪下ろしをおすすめします。
木や枝を優しく揺すって下ろしましょう。

パンジーやアベリアホープレイズ・ラベンダーなどの下草類は意外にも雪下ろししない方が良いです。
こちらは経験上なのですが、なぜか雪をはらった草花が枯れる傾向が多く
逆に雪をはらわなかった方が生き延びたという統計がございます。

※雪が重くて草花が折れそうな場合はある程度下ろしましょう。
※雪がかぶったせいで枯れてしまう植物もあるので雪をはらわなかったからと言って枯れないという訳でなはいのでご了承ください。

アガベ・リュウゼツランなどは葉に水分が多く含まれており、その水分が凍ると
痛む可能性があるので雪下ろしをしてください!



3)融雪剤をかけても大丈夫?

融雪剤はかけないでください!
融雪剤には塩化カルシウムが含まれています。簡単に言うと塩分が含まれています。
いつかの最強台風の際多くの植木が塩害で枯れましたよね?
これと同じ原理で植物が枯れます。

そして融雪剤は撒いた後に長く土にとどまり、次に植えた植物までもが育たないという事も起こります。
なので「雪が振りそうだから予め花壇に撒いておく」のも絶対NGです!!!
植物の悲鳴が聞こえてきます・・・



4)植物が雪で折れた!

枝が折れてしまった植木は切り口を剪定ばさみなどできちんとカットしてあげましょう。
もし切り口癒合剤がありましたら塗ってあげるのが良いでしょう。



5)雪の重みで植木が傾いた!

傾いてしまった植木はそのままにしておくと枯れてしまう可能性があります。
万が一枯れなかったとしてもそのまま育つと樹形が崩れますので真っ直ぐに立て直しましょう。

自分で立て直すことが難しい場合はプロに依頼するのが一番ですが、すぐに植木屋さんが来れないという時、もし根が出てしまっていたら土をかぶせておきましょう。
植木は根っこが命です!とにかく根を守ってください!

植木を定期的に剪定することで風や雪などで倒れないようになります。
今年はまた雪が降るかもしれませんので、倒れそうな植木には支柱を追加しておきましょう。




以上、雪が降った後の植栽・草花の対応まとめでした!
皆様のお困りごとが少しでも解決しましたら幸いです


千葉・東京・埼玉・茨城にお住まいなら、弊社スペースガーデニングが対応可能です!
※一部対応範囲外あり。
お困りごとがございましたらお気軽にお問い合わせください








カテゴリー

ページの先頭へ